第26回 秋田腎不全研究会 開催概要


新型コロナウイルスの感染拡大を考慮し、Web参加も可能となるよう「ハイブリッド形式」での開催とさせて頂きます。なお、発表演者、座長は会場にご参集いただく予定ですのでご承知おき下さい(新型コロナウイルスの感染拡大状況によっては完全Web形式に移行させていただく可能性もございます)。

  • 演題募集要項をご一読の上、多数の演題お申込みをお待ち致しております。

開催概要

第26回 秋田腎不全研究会 開催概要

主催 秋田大学大学院医学系研究科 腎泌尿器科学講座
会長 羽渕 友則
秋田大学大学院医学系研究科 腎泌尿器科学講座 教授
当番幹事 畠山 卓
秋田赤十字病院 腎臓内科 部長
会期 令和4年12月4日(日)10:00~(予定)
会場 ハイブリッド開催
  • 現地開催:秋田市にぎわい交流館AU(あう) 2F展示ホール
    〒010-0001 秋田県秋田市中通一丁目4-1 TEL:018-853-1133
  • Web開催(Zoomのウェビナー機能を利用)

会場案内

会場のご案内 にぎわい交流館あう 駐車場有り 隣接するなかいち駐車場(有料:1時間あたり100円)をご利用ください。にぎわい交流館とは渡り廊下で繋がっております。

プログラム

10:00~16:00
一般演題発表、奨励金受賞発表、等

12:00~12:30頃
特別講演1

  • 岩手医科大学内科学講座 腎・高血圧内科分野 教授
    旭 浩一 (アサヒ コウイチ) 先生

講演名:CKDに関するご講演

共 催:中外製薬㈱

12:30~13:00頃
特別講演2

  • 昭和大学医学部内科学講座 腎臓内科学部門 准教授
    溝渕正英 (ミゾブチ マサヒデ) 先生

講演名:CKD-MBD・SHPTに関するご講演

共 催:キッセイ薬品工業㈱/㈱三和化学研究所

13:00~14:00頃
ランチョンセミナー

  • 東邦大学医療センター大橋病院 腎臓内科 教授
    常喜信彦(ジョウキ ノブヒコ)先生

講演名:腎性貧血治療に関するご講演

共 催:協和キリン㈱

演題募集要項

第26回 秋田腎不全研究会の演題募集は、以下内容で受付致します。

  1. 「演題申込用紙」をお手持ちのコンピューターにダウンロードし、必要事項を入力の上、電子メール(office@akitajinfuzen.jp)に添付してお送り下さい。併せて、
    確認用の為、FAX(018-836-2619)でもお送り下さい。
    折り返し、入力されたE-mailアドレス宛に受領通知を送付させて頂きます。
    お申込み後、事務局から10日以内に受領通知がない場合は、電話でお問合せ下さい。
  2. 演題の発表時間等は、申込締切り後、ご発表者にE-mailでお知らせ致します。
  3. 応募申込締切り:令和4年10月14日(金)15:00 必着
  4. 発表方法は、PCを使用したPower Pointによるプレゼンテーションとなります。
    事務局で会場に用意するPC環境は、Microsoft Windows10、Power Point2019です。スライドを作成する場合は、基本的にスライドサイズを4:3に合わせて作成願います。16:9でも作成可能ですが、Zoomの【画面共有】時にご自身のビデオパネルが表示されるスペースをスライド右上付近に確保して下さい。スペースの確保が無いと発表データがビデオパネルで隠れて見えなくなってしまう場合がありますのでご注意下さい。Macintoshをご使用の発表者、スライドに動画が含まれる発表者はご自身のPCを持参されることを推奨致します。その際、PCの映像出力端子はHDMIが備わったものをご用意下さい。この端子がないPCをお持ち込み頂く場合には、別途変換コネクタを必ずご用意下さい。なお、動画等の参照ファイルは必ずPower Pointのファイルと同じフォルダに入れて下さい。会場では、各演者ご自身で演台上の機材(マウス、キーボード)を用いて、スライドの操作をして下さい。

お問合せ先

秋田腎不全研究会事務局
秋田大学大学院医学系研究科 腎泌尿器科学講座内

〒010-8543 秋田県秋田市本道1-1-1
TEL:018-884-6156
FAX:018-836-2619
E-mail:office@akitajinfuzen.jp

利益相反の情報開示について

演題登録時に、発表演題が臨床研究である場合には(培養細胞や動物実験を使用した基礎研究に関しては対象外)、筆頭著者自身の過去1年間における、発表内容に関連する企業や営利を目的とする団体に関わる利益相反の有無を登録して頂きます。

(共同著者の利益相反は開示不要)
発表の最初(または演題発表者などを紹介するスライドの次)に利益相反自己申告に関するスライドを加えて下さい。

ページの先頭へ